【GWの注文についての御連絡】
2017/04/29~2017/05/07 まで休業とさせていただきます。
勝手ながら、4/26 以降の注文・入金分についての商品発送準備は
05/08 以降順次対応いたします。
また休業期間中のお問合わせについても 2017/05/08 以降の対応となります。
商品数:0点  合計:0円
感謝の気持ちをこめてキャンペーン
博多の夏の風物詩でもある「博多祇園山笠」。毎年、7月15日の追い山で盛り上がりを見せる博多山笠のゴール地点、「山笠廻り止め」でもある須崎問屋街に店を構えて20余年の「三九ラーメン」。千代の富士や矢沢永吉、綾小路君麻呂、高橋尚子なども舌鼓を打ったという。長浜系のラーメンとは味わいの違う豚骨ラーメンは、ラーメンファンならずとも翻弄される味わいなのである。
昔ながらの佇まいが残るこの須崎町。屋台街もあり万能系の屋台が多い中、ラーメンとちゃんぽんというシンプルな商品で勝負している路面店。この「三九ラーメン」はそんな硬派な店なのである。ふらっと入って、ラーメンを啜ったら、この味が病み付きになり、常連になってしまったというお客さんも少なくない。パンチのあるワンタン麺、女将さん譲りのちゃんぽん、じっくり煮込んだ叉焼がたっぷりのったチャーシュー麺も人気の逸品だ。
三九のラーメンは、この道一筋40数年の歴史と、手抜きは一切しない大将の創意工夫が詰めこまれた、味わいの深いスープが決め手である。「スープという生き物に愛情を込めて育てる。」そういう言葉がよく似合う。100kgもの豚骨を五右衛門風呂のような釜で炊く。臭みが出ないように丹念に炊きあげたスープと、そこから出る赤油と呼ばれる油がこのラーメンの真骨頂なのである。そして、このスープには白ご飯がよく合う。女性など、替え玉はしないが、このスープでご飯を食べるという人も多い。
  

三九ラーメン (4食入)

商品コード: 1-004
販売価格(税込): 1,620 円
個  数
カゴに入れる
           
■内容量
 麺90g×4袋、スープ×4袋
■賞味期限
 およそ1〜2カ月
三九ラーメン (1食入)
価格(税込) 410 円
個  数
カゴに入れる

三九ラーメン (1食入)

<購入時のご注意>
◆箱ラーメンのスープや麺は、実際に店舗や屋台で使用しているものとは異なります。
 スープはスープメーカーが分析して再現し、かなり近いものに仕上げています。
 麺は半生麺を使用しています。
◆到着日・時間をご指定の場合は、申込日(銀行振込の場合は入金確認後)から1週間後以降をご指定下さい。
★箱ラーメンの上手な作り方 ワンポイントアドバイス
①お湯は2つの鍋に用意しましょう(茹で用とスープ用)。
②麺を沸騰したお湯で固めに茹でましょう(1〜2分お好みで茹でてください、噴きこぼれにご注意下さい)。
③どんぶりにスープを入れ、300ccのお湯でよく溶いて下さい。
 濃いスープがお好みの方はお湯を減らして250〜300ccの間で調整してください。
④麺が茹であがったらザルでしっかり湯切りをしてスープへ入れてください。
⑤お好みでチャーシュー、ネギ、ゴマ、ニンニク、紅しょうがなどをのせていただくと一層美味しくお召し上がりいただけます。