【GWの注文についての御連絡】
2017/04/29~2017/05/07 まで休業とさせていただきます。
勝手ながら、4/26 以降の注文・入金分についての商品発送準備は
05/08 以降順次対応いたします。
また休業期間中のお問合わせについても 2017/05/08 以降の対応となります。
商品数:0点  合計:0円
感謝の気持ちをこめてキャンペーン
博多から車でおよそ30〜40分。菅原道真公の祀られる太宰府天満宮で有名な福岡県太宰府市にひっそりと佇む名店「八ちゃんラーメン」。太宰府ICから車で数分南へ走ると、右側に黄色い看板に赤い文字で「八ちゃんラーメン」のと掲げてある。見逃してしまいそうな位置にあるこの店は、定休日が日曜と火曜、営業時間が18:30〜23:30、しかもスープがなくなったら閉店という稀少な一杯なのだ。
この八ちゃんラーメン。初代店主の橋本さん(写真右)のご兄弟が各地でそれぞれの味を振る舞っている。屋号の「八ちゃん」とは、姓の「橋本」から来ているらしい。薬院駅付近には同じ名称の八ちゃんラーメンと中華橋本が軒を連ねるが、それぞれが独自の味を提供しているのも個性があって良い。その中でも一番人気なのがここ「太宰府の八ちゃんラーメン」。人気の逸品はラーメンと炒飯。わざわざ遠方よりこの地まで足を運んで、並んででも食べる、というファンも多い。現在は2代目が暖簾を受け継ぎ、義父の味を継承し、来店されるお客さんの笑顔を生み出し続けている。
おいしいラーメンをお客さんに提供する。このこだわりが陳列されたキラキラと輝くどんぶりにもその思いの強さを感じる。
丹念にとった豚骨スープには臭みがない。背脂がどっさり入れられたどんぶりに、コシのある細麺とあっさりとしたチャーシュー、太めの青ネギが盛りつけられる。紅ショウガや胡麻は好みで使うが、その前に出てきたままの一杯を味わってみることをオススメする。濃厚なだけでない深い味わいの円やかなスープが何とも言えず旨い。そしてストレートの細麺がそのスープを纏い口の中に入ったとき、さらなる至福が広がるのである。絶妙なバランスのこの味が、多くのファンを魅了して来たのだろう。
至福の一杯 太宰府 八ちゃんラーメン(4食入)
  

至福の一杯 太宰府 八ちゃんラーメン(4食入)

商品コード: 1-005
販売価格(税込): 1,620 円
個  数
カゴに入れる
           
■内容量
 麺90g×4袋、スープ×4袋
■賞味期限
 およそ1〜2カ月
至福の一杯 太宰府 八ちゃんラーメン(1食入)
価格(税込) 410 円
個  数
カゴに入れる

至福の一杯 太宰府 八ちゃんラーメン(1食入)

<購入時のご注意>
◆箱ラーメンのスープや麺は、実際に店舗や屋台で使用しているものとは異なります。
 スープはスープメーカーが分析して再現し、かなり近いものに仕上げています。
 麺は半生麺を使用しています。
◆到着日・時間をご指定の場合は、申込日(銀行振込の場合は入金確認後)から1週間後以降をご指定下さい。
★箱ラーメンの上手な作り方 ワンポイントアドバイス
①お湯は2つの鍋に用意しましょう(茹で用とスープ用)。
②麺を沸騰したお湯で固めに茹でましょう(1〜2分お好みで茹でてください、噴きこぼれにご注意下さい)。
③どんぶりにスープを入れ、300ccのお湯でよく溶いて下さい。
 濃いスープがお好みの方はお湯を減らして250〜300ccの間で調整してください。
④麺が茹であがったらザルでしっかり湯切りをしてスープへ入れてください。
⑤お好みでチャーシュー、ネギ、ゴマ、ニンニク、紅しょうがなどをのせていただくと一層美味しくお召し上がりいただけます。