【GWの注文についての御連絡】
2017/04/29~2017/05/07 まで休業とさせていただきます。
勝手ながら、4/26 以降の注文・入金分についての商品発送準備は
05/08 以降順次対応いたします。
また休業期間中のお問合わせについても 2017/05/08 以降の対応となります。
商品数:0点  合計:0円
感謝の気持ちをこめてキャンペーン
赤シャツの店長「洋ちゃん」が板についてきた「屋台おかもと」。
3代目の店長としてこの屋台を切り盛りする。黒シャツの相方とのコンビネーションも抜群で、笑顔の絶えない屋台なのである。
最近福岡の繁華街「中洲」にも路面店を出店し、おかもとのテイストが広く味わえるようになったので喜んでいるファンも多い。
博多区上牟田にある「中華料理うさぎ亭」がこの「屋台おかもと」の母店である。うさぎ亭の庶民の味系の中華料理は町中の人気なのだ。その味を屋台で味わえるというのも、この空間にして欲張りな話だ。中華の人気メニューは麻婆豆腐やちゃんぽん、皿うどん、担々麺など、中でもチャレンジ系の激辛チャンポンは、好きな人はハマりこむ。屋台系料理はおでん、串もの、肉ものなどその日新鮮な食材を調理して出してくれるし、おじちゃん(おじやちゃんぽん)やおばちゃん(おじやちゃんぽんの辛いテイスト)などのアイデアメニューも人気がある。
地元の人を始め、観光客やタレントさん、スポーツ選手など、この味を好む人は実に多い。博多の名物化していることも事実で、お客さんの要望でお土産ラーメ ンが登場したのも早かった。雨の日でお客さんが入っていなくてもスープのために屋台は片付けずに夜中の2時3時まで豚骨を炊く。この執念が旨いスープを作 り出す秘訣だと大将・吉村大輔氏は語る。愛情をたっぷり注いだその豚骨スープから生まれるのは、ガツンとした豚骨風味、ではなく円やかな優しい風味で、老 若男女を問わず好まれている。屋台と中洲店だけでなく、年に一度、老人ホームへ出向き、普段味わうことのできない屋台ラーメンを届けたり、イベントにも積 極的に参加して、博多の屋台という文化を伝えていこうとしている姿勢にも感銘を受ける。
屋台おかもとお土産ラーメン(5食入)
  

屋台おかもとお土産ラーメン(5食入)

商品コード: 1-001
販売価格(税込): 1,600 円
個  数
カゴに入れる
           
■内容量
 麺100g×5袋、スープ×5袋、乾燥ねぎ(または紅ショウガ)×5袋
 ※乾燥ネギか紅ショウガかは製造時期によって異なります。
■賞味期限
 およそ1〜2カ月
<購入時のご注意>
◆箱ラーメンのスープや麺は、実際に店舗や屋台で使用しているものとは異なります。
 スープはスープメーカーが分析して再現し、かなり近いものに仕上げています。
 麺は半生麺を使用しています。
◆到着日・時間をご指定の場合は、申込日(銀行振込の場合は入金確認後)から1週間後以降をご指定下さい。
★箱ラーメンの上手な作り方 ワンポイントアドバイス
①お湯は2つの鍋に用意しましょう(茹で用とスープ用)。
②麺を沸騰したお湯で固めに茹でましょう(1〜2分お好みで茹でてください、噴きこぼれにご注意下さい)。
③どんぶりにスープを入れ、300ccのお湯でよく溶いて下さい。
 濃いスープがお好みの方はお湯を減らして250〜300ccの間で調整してください。
④麺が茹であがったらザルでしっかり湯切りをしてスープへ入れてください。
⑤お好みでチャーシュー、ネギ、ゴマ、ニンニク、紅しょうがなどをのせていただくと一層美味しくお召し上がりいただけます。